長年の歴史を通じて培った豊富な製品群は、熱中症予防・温暖化対策・太陽光発電など、様々なシーンで活用されています。

Google Web検索 サイト内検索
HOME >>熱中症を予防しましょう。WBGT(暑さ指数)表示器  熱中症とは? 

WBGT(暑さ指数)表示器 NETIS登録番号 KK-110016-A

熱中症予防システム


熱中症の危険度がリアルタイムで判るため、予防措置をとることができ、熱中症を未然に防ぐことが可能です。 自動測定・自動表示・自動記録のため煩わしい巡回測定や告知作業から解放され、熱中症事故発生の際には、 発生時の環境確認にも役立ちます。 また機器制御出力も可能なため、空調システム等と連動させ、ECOな環境改善も実現します。

測る 注意喚起 通知・記録 制御・省エネ化
測る

複数場所のWBGTを常時監視、
測定データを事務所にて一括集中管理、データを記録します。

注意喚起

熱中症危険度を複数個所で同時に注意喚起が可能。
無線式のため、設置が簡単で作業進捗に合わせ移設も可能です。

通知・記録

作業現場の暑熱環境を常時監視、熱中症危険度が高くなると自動的に
あらかじめ登録された現場責任者の携帯電話メールに熱中症危険度
情報をお知らせします。測定データは自動記録され、熱中症発生時の
環境確認にも役立ちます。

制御・省エネ化

暑熱環境評価指標の1つであるWBGTの値により換気ファンを
インバータ制御することで安心・安全・省エネ化を実現します。

WBGT Linkとは

複数表示型 多点測定型
 
 
機器構成・組合せ
無線通信仕様

このページのトップへ
技術サポートセンター0120-78-4646

製品サポート情報