鶴賀電機は長年の歴史を通じて培った豊富な製品群は、熱中症予防・温暖化対策・太陽光発電など、様々なシーンで活用されています。

Google Web検索 サイト内検索
HOME >> ディジタル計器 一覧 >> 表示器 ラインアップ >> WBGT(暑さ計)無線計測システム 401B

ディジタル計器 Digital Meter

WBGT  401A

WBGT(暑さ計)無線計測システム

MODEL 401B


●熱中症危険レベルと予防策をパネルで大きく表示。
 ワイヤレスで設置が簡単。施工、維持管理コストを軽減。
●常時計測で急な天候変化をキャッチ。
  人による定期測定の煩わしさを解消。
●保健室や事務所等の離れた場所で集中管理。

WBGT表示器 カタログカタログ
取扱説明書取扱説明書 → お問い合せ下さい
見積依頼 見積依頼
 
熱中症予防対策に WBGT(暑さ指数)特設サイトへ

WBGT(暑さ指数)とは
WBGTは、人体の熱収支に影響の大きい湿度、輻射熱、気温の 3つを取り入れた指標で、湿球温度、黒球温度、乾球温度の値を
使って計算します。 現在ではスポーツや高温作業での熱中症等を予防するための 指標として使用されています。
スポーツに関する 熱中症予防のための運動指針 
気温 WBGT温度 運動指針
35℃以上
31℃以上
運動は 原則中止
WBGT31℃以上では、皮膚温より気温のほうが高くなり、体から熱を逃がすことができない。特別の場合以外は運動は中止する。
31~35℃
28~31℃

厳重警戒

(厳しい運動は中止)

WBGT28℃以上では、熱中症の危険が高いので、激しい運動や持久走など体温が上昇しやすい運動は避ける。運動する場合には、積極的に休息をとり水分補給を行う。体力の低いもの、暑さになれていないものは運動中止。
28~31℃
25~28℃

警戒

(積極的に休息)

WBGT25℃以上では、熱中症の危険が増すので、積極的に休息をとり水分を補給する。激しい運動では、30分おきくらいに休息をとる。
24~28℃
21~25℃

注意

(積極的に水分補給)

WBGT21℃以上では、熱中症による死亡事故が発生する可能性がある。熱中症の兆候に注意するとともに、運動の合間に積極的に水を飲むようにする。
24℃まで
21℃まで

ほぼ安全

(適宜 水分補給)

WBGT21℃以下では、通常は熱中症の危険は小さいが、適宜水分の補給は必要である。市民マラソンなどではこの条件でも熱中症が発生するので注意。
(財)日本体育協会(1994)熱中症予防のための運動指針 より

作業者に関する WBGT熱ストレス指針の基準値表 
WBGT基準値※1 代謝率区分 作業例
熱に順化している人 熱に順化していない人※2
33℃
32℃
0 安静
安静。
30℃
29℃

1 低代謝率

(軽作業)

楽な座位で軽い手作業や手及び腕の作業、腕と脚の作業など。立体位では小さい部分のドリル・フライス盤作業、小さい力の道具の機械作業など。ちょっとした歩き(速さ 3.5km/h)
28℃
26℃

2 中程度代謝率

(中程度の作業)

継続した頭と腕の作業や腕と脚の作業、腕と胴体の作業など。軽量な荷車や手押し車を押したり引いたりする作業。3.5~5.5km/hの速さで歩く。
気流を感じるとき

3 高代謝率 

(激しい作業)

 

強度の腕と胴体の作業、重い材料を運ぶ作業、草刈り作業など。重い荷物の荷車や手押し車を押したり引いたりする作業。鋳物を削る作業、コンクリートブロックを積む作業。5.5~7km/hの速さで歩く。
26℃
23℃
気流を感じないとき
25℃
22℃
気流を感じるとき

4 極高代謝率 

(極激しい作業)

最大速度の速さでとても激しい活動など。おのを振るう作業、激しくシャベルを使ったり掘ったりする作業。階段を登る、走る、7km/hより速く歩く。

25℃
20℃

気流を感じないとき

23℃
18℃

※1 基準値が限度を超えた場合、適切な方法により熱によるストレスを軽減する必要あり。
※2 順化していない人とは、作業する前の週に毎日熱にさらされていなかった人をいう。
環境省HPおよびJISZ8504指数に基づく作業者の熱ストレスの評価 -暑熱環境より。 これらの数値は最高直腸温度38℃を許容限度として認定されている。


日常生活における熱中症予防指針 
温度基準(WBGT) 注意すべき生活活動の目安 注意事項
危険(31℃以上)
すべての生活活動でおこる危険性
高齢者においては安静状態でも発生する危険性が大きい。外出はなるべく避け、涼しい室内に移動する。

厳重警戒(28~31℃)

外出時は炎天下を避け、室内では室温の上昇に注意する。
警戒(25~28℃)
中等度以上の生活活動でおこる危険性
運動や激しい作業をする際は定期的に充分に休息を取り入れる。
注意(25℃未満)
強い生活活動でおこる危険性

一般に危険性は少ないが、激しい運動や重労働時には発生する危険性がある。

(ここでのWBGTはその日の最高気温時の気温と湿度から推定されるものである)(28~31℃は28℃以上、31℃未満の意味)



主な仕様



一般仕様

準拠規格 JIS B 7922 精度区分 クラス1.5準拠
測定項目 WBGT、周囲温度、相対湿度、黒球温度(φ150mm黒球)、湿球温度
表示・出力範囲 WBGT 0~60℃
周囲温度 0~60.0℃
湿度 10~90%RH
黒球温度 0~80.0℃(φ150mm黒球)
湿球温度 周囲温度と湿度から算出
無線通信 無線の種類 特定小電力無線
通信距離 約500m(見通しの良い直線距離にて)
※中継ユニットにより通信距離延長可能(延長距離は設置環境による)
データ出力 シリアル信号 RS-485
出力項目 WBGT、周囲温度、相対湿度、黒球温度、湿球温度
電源 AC100V、DC12V、単三電池(電源ユニットのみ)
オプション データロギング機能付

このページのトップへ
技術サポートセンター0120-78-4646

製品サポート情報