長年の歴史を通じて培った豊富な製品群は、熱中症予防・温暖化対策・太陽光発電など、様々なシーンで活用されています。

Google Web検索 サイト内検索
HOME >> 燃料電池の特性診断器

燃料電池の特性診断器

356T
PEFC(固体高分子型燃料電池)特性診断器
  • 電流印加法を採用したPEFC/MCFC特性診断器
  • 過渡応答測定により、燃料電池の劣化要因を分析
  • 付属のPCソフトで設定及び測定データの解析と保存可能
 356T リーフレット

PEFC/MCFCの等価回路から6個のパラメータを含む特性診断式が導かれます。この特性診断式にフィッティングされることにより、抵抗分極・拡散分極・活性化分極に関係するパラメータの値が求められ、パラメータ値の変更傾向から電池特性を診断することができます。電流印加法は、従来の交流インピーダンス法などの特性試験に比べて、簡便および短時間で電池特性の診断が行えます。


当社のディジタルAC低抵抗計は、燃料電池の内部抵抗を手軽に測ることができる測定器として、大学等の教育機関、民間の研究所、製造現場で多数採用されております。
前出の燃料電池特性診断器の開発をはじめ、今後とも時代の要望に沿う新たな測定器の開発に注力していきます。
         一次電池・二次電池・燃料電池の内部抵抗測定に適しています。





3566

 


このページのトップへ
技術サポートセンター0120-78-4646

製品サポート情報